オリジナルペンライトの製作ならペンライトファーム

科学発光体の分別方法まとめ

ゴミ分別-01

 

今日はみなさんが迷う科学発光体の分別方法についてお知らせしたいと思います!

サイリウムってどうやって捨てたらいいかわからないですよね・・・。

プラスチックに見えるけど、中の液体は大丈夫なの?って不安になっちゃいますよね!

各事業所に問い合わせてみました!

不安な方は以下を参考にしてください!

今回は渋谷区・新宿区・千代田区・港区バージョンです!

 

渋谷区

一般:可燃ゴミ
事務所などで出る多量な場合:清掃事務所に問い合わせて一括で引き取ってもらう

とのことでした。

少量の場合は可燃ゴミで大丈夫そうです。

ですが、コンサート会場などのイベント会場では事業所に問い合わせて別のゴミと混ぜないようにして引き取ってもらうのが一番いいみたいですね!

コンサート会場だけではなく、飲食店でちょっとしたイベントを行う場合でも念のため事業所に問い合わせて引き取ってもらいましょう!

渋谷区はクラブなどもあるため、イベントを行うことが多そうですね!

可燃ゴミでも紙ゴミなどと混合せずに科学発光体単体でまとめるのが一番みたいです!

 

新宿区

一般:可燃ゴミ
事務所などで出る多量な場合:可燃ゴミ

新宿区も渋谷区同様、可燃ごみとのことです。

多量な場合も可燃ゴミとしてまとめると引き取ってもらえるみたいです。

しかし、多量な場合も渋谷区同様に科学発光体単体でまとめた方が親切ですよね!

なので、イベントを行う場合は科学発光体用のゴミ袋を準備した方がよさそうですね^^

 

港区

一般:可燃ゴミ
事務所などで出る多量な場合:産業廃棄物となるので、業者に問い合わせる

港区も一般の家庭ゴミでしたら可燃ゴミで大丈夫です!

ただ、多量になる場合は産業廃棄物となるため、業者に問い合わせてくださいとのことです。

産業廃棄物業者によって分別ラインがあやふやになっているみたいなのです。

なので、イベントを開催する場合は先に回収をお願いする業者に問い合わせてからゴミ箱を設置するなどしましょう。

 

千代田区

一般:可燃ゴミ
事務所などで出る多量な場合:少量に分けて可燃ゴミの日に出す

千代田区の場合も可燃ゴミで大丈夫なようですが、多量になってしまった場合は少量に分けて可燃ゴミに出してくださいね!

千代田区も産業廃棄物の回収をお願いする場合、先に問い合わせてみてから設置した方がいいかもしれないですね。

ですが、可燃ゴミで捨てられるとのことです!

 

まとめ

東京23区の都心部では可燃ゴミで捨てられる場合が多いですね。

なぜ、東京ではプラスチック類が可燃ゴミになるのか。

その背景は不燃ゴミの埋め立て地である通称「夢の島」が近い将来満杯になってしまうということがいわれています。

なので、科学発光体にも使用されている素材である、いわゆるプラスチックの埋め立て処分量をゼロにしようという目標が立てられたのです。

現在の23区内の処理場では高性能の焼却炉が使用されているのでプラスチックゴミも燃やすゴミとして処理ができているというわけです。

ただ、ゴミを増やすことで環境にはよくないことばっかりと思われがちですが!

ですがですが!焼却時に発生する熱を有効活用するなどきちんと考えられているのですよ!

 

ゴミが溢れる町東京にならないように、普段からきちんと分別を考えて捨てるようにしましょう!

もしかして、普段捨てているその不燃ゴミが資源ごみになったりするかもしれないんですよ〜!

 

というわけでまた次回!

この記事を書いた人

りんりん
1992年1月9日生まれ(24歳)ラクシス入社3年目。
ペンライトファームデザイナー。出身は北海道・苫小牧市。
食べることが好き。お酒が好き。将来の夢は歩く食べログデザイナー。大学では建築について学んでいました。2級建築士の受験資格はありますが、もはやないと言ってもいいぐらいわかりません。実は知らなかったと思いますが、好きな食べ物は内臓系です。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です